スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -

とりあえずできること

いろいろ考えたけど、現時点では直接的な行為より、
 義援金等の金銭の寄付行為、募金が一番有効かと。 

念のため。
 募金、といってもただすればいいってもんじゃない。 
「どのように使われるか」をちゃんと自分の目で見極めて、 
適切な団体、基金へ、寄付行為を行うべきだ。 

海外のアーティストやスポーツチームがチャリティーを行っている。 
ただただ感謝の想いでいっぱいだ。 
でもさ、日本の芸能関係の皆さん、スポーツ関係の皆さん、 
当事者は「チャリティー」なんて甘い事言ってる場合なの? 
「チャリティーコンサート」「チャリティーゲーム」、 
収益全てを募金に回すくらいの気持ちが必要なんじゃない? 
なんなら来訪者の募金をあてにしてる場合じゃないでしょ? 
ちゃんとした報酬を得てる人は、こういう時にちゃんと貢献すべきだ。 
かつて近鉄やダイエーでプレイした山本和範というプロ野球選手は、 
年棒1億だった時に1割に相当する1000万円も寄付したんだぜ? 

はい、我が愛する中日ドラゴンズの選手会、100万円。
 「額は問題じゃない」というのは受け取る側の感謝の気持ちだ。
 『ノブレス・オブリッジ』とまではいかないまでも、 
あなた方が十分支援できる事を示して欲しい。 
1割とは言わない、1%で良いから出して欲しい。 
韓国のペ・ヨンジュン氏が7200万円も出してるんだよ!? 
そういうとこでちゃんとプライドを見せつけて欲しい。 
勿論、プレイに勇気づけられるとも思うので、そちらもしっかりと。 

はい、チャリティーコンサート。その電力はどっからくるんだい? 
そのコンサートに参加できるのは‘非’被災者だ。誰を応援してんだ? 
よっぽど応援しようと無償で歌をアップしてる人たちの方が信用できる。 
歌で気持ちは救われる。それは事実だ。 
だからこそ、その使い方を見誤らないで欲しい。 

Gacktや為末大とかみたいにさ、 
直接義援金を募ってる人達によほど賛同できる、現状では。
 「チャリティー」で何かを売る必要があるのかい? 
何かを得ないと、少しの満足を得ないと募金一つできないのかい? 
まどろっこしい事は無しだ。今は具体的な行為を。

こういう時に限って、星がキレイなんだ

岐阜は地震で揺れはしたが、実害はまったくなかった。
でも無性に哀しい。気持ち悪い。震えもする。
心情的に近しい場所でも、火災が発生している。
友人達とも、なかなか連絡がとれない。

俺はただ運が良かっただけだ、住んでる場所の。

被害の無い対岸からただ自らの無力さに嘆くだけではダメだ。
クソみたいな俺ができる事なんてないかもしれないけど、
どんなカタチであれ、絶対にアクションをする、絶対。

「できない理由」をあーだこーだ考えるくらいなら、
「できるようにする方法」を考える方が、
同じ「考える」でも人として健全ではないかと。

今はそう考えられるようになってるけど、
10年でも5年でも早くこのことに気づいていたら、
もっといろいろできるようになってたかも(笑)。

レベルダウン

「責任」を負う立場になったものの見合う力がない時、
「負うべき責任」を「負えるようなレベル」まで落として処理する。
それでは意味もないし、求められてるところに達していない。
しかも個人としてみればレベルアップはしないし、無責任だよね。

そう思う今日この頃。

これでもパブリック向け(苦笑)

所詮ね、知性=品性だと思うのよ、オイラ。

まぁあれだ、パブリックとプライベートの分別もできないくせに、
ネットみたいな広大なフィールド(←草薙素子くさい)でさ、
吐いた言葉が必ず自分にはね返ってくる事も想像できないヤツが、
ブログとかで恨み節や勝ち誇ったような事書いてるとさ、
「品が無ぇなぁ」とか素で思っちまうぜ。
ついでに「ブログやめて日記に残しとけ」とも思う。
個人でやる分には勝手だと。
ただ、ネットは見ず知らずの他人だけでなく、
身近な人だって見る可能性は十分あるんだって、
それくらいの想像力は働かせてさ、
言い回しに工夫ぐらいは欲しいわな。
多少さ、言葉足らずなくらいならカワイイもんさ。
でも一般常識も足りてないようでは、ね。

や、ちょっと他人のブログ読んで思うとこあったんで。

いやはや、わが身を振り返ればオイラも結構勝手な事書いてるし、
(とはいっても肝心な事はぼやかしてるつもりですが)
こういうとこで書く「公」の文章には気をつけよう(笑)。

| 1/2PAGES | >>

PR


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
エグチヒロカズさんの読書メーター エグチヒロカズの今読んでる本

categories

links

recomend

archives

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

search this site.