スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -

ルンがピカッと光ったら

「次は1/72 VF-31J ハヤテ・インメルマン機です!」って〆た前回、

そっから約4週間空いたのはただの怠慢です(苦笑)。

 

『マクロスΔ』面白かったですね。

もっと歌と映像でド派手に勢いだけで〆てしまえば良かったのに、

という無責任な要望はありましたが総じて言えば満足。

なんたってフレイアが最高だったから(笑)。

つーことでハヤテのジクフリちゃんを作りましたとさアーマードメサイア放置して(笑)。

キットは発売直後に購入。

スゲーカッコイイキットだけど元の塗り分けが凶悪なため、

ただパチ組みしただけではかなり物足りない。

 

インメルマン・ダンス!な感じで飾りたいなと思っていたので、

表情をつけるにはどうしたらいいのかなーというところを切り口に製作開始。

 

表情をつけるには手のひらとコクピットだよなーという事で

 

『Mission5:月光ダンシング』でのハヤテ×フレイアを再現せねば、

って事でヘルメット無しのフレイア(ハヤテ頭部をおゆまる→エポパテで複製、加工)を作って、

併せてコクピット周りも窮屈感を解消しつつディテールをざっくり再現しました。

 

んで手のひらは1/144相当の極め手を指を延長加工して使用

→手の甲のパーツが変形用の一回り小さいものしか合わなかった

→せっかくだしパーツ交換無しで手首収納できるようにしたれ

って流れでこんな加工をば。

 

ベクターノズル内は可動部丸見えでは興醒めしそうなので、

ハセガワのメサイアより内部パーツ強奪および加工。

 

「変形用パーツ無くすのもイヤだしなぁ…」って思ったので、

手首同様にそういうパーツ無しで三段変形できるように加工。

 

凶悪なカラーパターンだったんでデカールで済ませたかったところ、

そのデカールにスジ彫り線が黒で印刷されてたので「使えん!」と判断、

シールを利用してマスキングして一部を除いて塗り分けたったわ!若干地獄!(苦笑)

 

ベクターノズルの外回りは黒→メッキシルバーNEXTを吹いて十分に乾燥させたあと、

エナメルイエローとオレンジを斑に、でエナメルスモークを全体に吹いて、

ウェザリングマスターで青みを足したりなんやかんやしてからなめすむクリア。良い。

 

でまぁ全部塗り終わってデカール貼ってスミ入れしてなめすむクリア吹いて完成、

じゃなくてこのあとクレオスのウェザリングカラーでもしょもしょウォッシング。

 

分かる?スゲー自己満足度の高い汚れ方!(笑)

 

腕もしっかり収納されてますよ!

 

どう見ても『月光ダンシング』の時のハヤテ×フレイア!

 

ベクターノズルも加工した甲斐があったってもんです!

 

はい、ガウォーク。実はジクフリちゃんのガウォークに思い入れは無い(笑)。

 

バトロイド形態、前から〜

 

背面で〜

 

ちょっと武器を構えてみたり。

 

で、三段変形できるようにしといたくせに、このポーズで飾りたいだけだったっていうね(笑)。

 

実は始めてのVF完成でしてスゲー満足度高くできた訳ですが、

発売直後に購入、製作開始して、放送終了時までには完成させるぞ、

9月末までに完成させられたらナゴモに参加しよう!と思ってたのに、

結局完成したのは10月半ば。時間かかり過ぎですね。

しばらくVFは作りたく無いなーと思いましたよ、完成直後は。

(アーマードメサイア アルト機はいつ完成すんだろうか)

 

あ、マクロスモデラーズ1周年コンペに参加してますんで、

もし良ければ「RT」&「いいね」くんさいな。

 

https://twitter.com/hrkz1975/status/790082424789012480

 

 

次はスーパーミニプラのイデオン。今まさに製作中。

もうほぼ素組みなので遅くとも年内には完成させたいな。

 

 


Sunday People

ごぶさたご無沙汰。最近SUPERCAR聴いてます。

 

前回のエントリーから何してたかってーと、仕事以外だと結局プラモ作ってた訳で(苦笑)。

まずは、って事で1/35ウィーゴ。

 

子供達にカラーリング提案をしてもらい、オイラがそれをアレンジしつつまとめて製作。

ムスコ君の黒/オレンジ/緑っていうブッ飛んだカラーリングは、

白のラインで統一感をもたせるっていう力技でまとめました(笑)。

 

 

そいで片方の手首を破損させてしまったものを何かしらアレンジしようと思ってたんですが、

「せっかくだし手首だけじゃなく敢えて完成度の高いこのフォルムをアレンジしてみよう」

って気が変わったのでとりあえず手描きでイメージを描いてあとは製作しながら詰めました。

手首はプレバンMGマクベグフの余剰パーツを仕様。

 

フォルムを変えるために肩のカバーパーツは思い切って取り外しました。

 

カタチを変えたんでカラーリングは白系基調のシンプルなものに。

05ってナンバリングは『みんなのメカトロウィーゴ5』って事で。

 

手首は指が動きそうな感じとバッテリーっぽいヤツで構成。雰囲気です(笑)。

 

白基調とはいえ単色だと寂しいんで青いラインを3本入れました。

実は割と最初からこのイメージがアタマに浮かんでたので、初志貫徹で実行。

 

で、このウィーゴ「マジックハンド」ですが、

7月末のワンフェスでの『みんなのメカトロウィーゴ5』に参加後、


9月末頃には香港に旅立ち、そして11月はUSAロス近郊に展示されるって事で、

完成後ち〜っとも帰ってこない放蕩息子になっております(笑)。

 

次は『マクロスΔ』より1/72 VF-31J ハヤテ・インメルマン機なんですが、

コイツはまた写真が多いんで別のエントリーにて。


あれやこれや

生きてます(苦笑)。

ご無沙汰過ぎてブログの存在意義すら失ってそうですが、
とりあえず10ヶ月分くらいのまとめ。

とりあえず仕事がクッソ忙しかったし、
今なおクッソ忙しい状態です。

以上(苦笑)。
ホントなんとかならんのかコンチクショウ。


模型は昨年9月から3月までの間で、
大小あるけどまさかの11体完成っつー偉業達成。
や、ホントに仕事クッソ忙しかったので、
今思うとどうやって完成できたのか謎が多い(笑)。

HG マックナイフ×3は毎日作業を記録しながら製作。
マスク機、バララ機、一般機の3体まとめて52日なので優秀(笑)。
2015年9月末くらいに完成。







で、MG ターンXはキャラバスを除いてほぼできてたけど、
Gレコ模型を優先して中断してたのでこの期に再開。
コンセプト的は7年くらい前に制作したMG ∀ガンダムと並べる前提である事、
んで胸のX字の傷表現、シャイニングフィンガーの設定画再現などなど。
2015年11月に完成。







ノベルはガチャのチャームをバラして製作。
カワイイぜコンチクショウ(笑)。
2015年12月に完成。





1/35ウィーゴ『こどもアルバイト』は『みんなのメカトロウィーゴ4』向けに作成。
これはGレココンペを優先して『みんなの〜3』をパスしてたので『4』に合わせて再開。
子供が使う×仕事で使うもの×ちょっとパワーアップしたものを作りたい
→子供のアルバイトっていったら牛乳配達or新聞配達
→スピードアップオプションでローラースケート付ける!
って流れで改修案をまとめて、塗装はモデリズム小林さんが中村一義好きな事を踏まえ、
『中村一義/100s』のジャケット仕様に。つかア○ィダスか(苦笑)。
2016年1月に完成。


MG V2ガンダムはパチ組みが面倒くさく感じたので、買った勢いで2ヶ月で完成。
未パチ組みなので改修ポイントはネットで先行して完成させたりしてた方の案を参考に。
胴体をプラスチックの厚みの範囲で幅詰め(両側各1mmの合計2mm)、
上腕部の1mm短縮、足首の可動域の拡大が改修箇所。
あとは無改造なのでスゲー良いキットだと思います。
勝因はフレームだけ先行してさっさと塗装まで済ませたり、
合わせ目が集中してた頭部を先にまとめたりしたので、
最後まで飽きずに集中力をキープできた事ですかね。
2016年2月末頃に完成。







最後に1/35メカトロウィーゴ東雲研究所ver付属の、
1/20はかせ、1/35はかせ・なの・阪本さんです。
はかせはなんと人生初の人間フィギュア(笑)。
阪本さんはなんと人生初の猫フィギュア(笑)。
なのは手慣れたロボなのでスカートのチェックもマスキングでバッチリ(笑)。


で、今はっていうと仕事の忙しさと連チャン製作の反動かバーンアウト中(苦笑)。
ウチのムスメとムスコの1/35ウィーゴとHG グリモアをちょっと放置中。
来週の静岡ホビーショーに行く予定なので、
そこでの大量のスゲー作品にあてられる事でのモチベーション回復を狙ってます(笑)。
あー!MG G-セルフが出たらモチベーションも即回復するし、
スゲー気合いで作ると思うのでバンダイさん早よ!って感じもありますわ(笑)。

ぶぇー仕事忙しいんで次いつ更新すっかわかんねーすねー。
 

唯一人

これまでほとんど画像を出してませんでしたが、
シレッとHGUCゾゴック完成しました。
完成まで時間がかかりそうなアーマードメサイアだけだと、
達成感を得るにもだいぶ先になりそうだったので、
モチベーション維持のために手軽なのを同時に進めてたと。
まぁ要するに気分転換です(笑)。

スミ入れも済んで「さてデカールデカール」って段階になって、
ジオンのマークの白・大判が無いという事が発覚して、
近所の模型店を捜索するもめぼしいサイズのものが無く、
やむなくネットで購入というインターバルを挟みつつ(苦笑)。

RIMG2492.JPG
RIMG2484.JPG

カラーリングはUCのじゃなくて旧設定版を踏襲。
あとで気づいたけどZEONOGRAPHY版っぽいですな、コレ(笑)。
グレーはNAOKIさんプロデュース「メカサフ」両色を、
「プロユースシンナー」で希釈して吹きっ放し。
喰いつき、隠蔽性ともに良好で汎用性が高いけど、
好みのグレーよりどちらも濃い目かなーと。
次の継衛含め今後は少し明るめに調色して使う予定。

クリアは最近は「フラットベース(なめらか)」ドバドバ入れたの使ってたけど、
今回は試しに「フラットベース(ラフ)」をドバッと入れたのを吹いてみた。
凄くマットになって粗が目立ちにくくなるけど、
これ「今日はかなり湿度高いなー」って日はカブるかもしれん。
や、オイラがドバッと入れたからだとは思いますが(笑)。
RIMG2490.JPG
ウォッシングはホワイト、スカイグレイ、サンドベージュ、ダークアースを適当に置いて、
ダイソーのライターオイルでダバーッとキムワイプや筆やフィニッシュマスターで、適当に。
かなり適当な汚らしさですが、楽しかったのでOK(笑)。
RIMG2489.JPG
武器はアレです、ビルダーズキャンペーンでもらった、
ヒートサーベル両刀仕様で無駄に凶悪な感じに(笑)。
蛍光イエロー+蛍光オレンジ(真ん中)→蛍光オレンジ→蛍光レッド(端っこ)で、
熱っぽい、あっつい金属な感じのグラデーションで塗ってます。

先日の静岡ホビーショーに行って一番感じたのは、
「やっぱ楽しく作らないとなー」と。
いつものように作るとすぐに作業が修行めいてくるんで(苦笑)、
割と最後の方は勢いとノリと思いつきで進めてみた。
で、結果「楽しかった」と。

次、先のエントリーに衝動買いしたって書いた、コトブキヤ継衛。
「勢い良く作りたい!」と思ったホビーショーから帰ってすぐさま購入。
ザクッとバーッとザザーッと作る予定。というかもう始めてる!
写真 2014-05-25 19 56 39.jpg
今後マジで笑えんくなってきた山のような在庫を完成に持ち込むに、
製作スピードを上げてザックリと、でも満足感を得られるようにしたい!

なのでMGターンXの前にケリをつける!・・・つけたい!・・・無理っぽい!(笑)

ひこうき雲

昨年末「MGガンダム2.0」の塗装の合間に始めた、
Modelgraphix誌のマガジンキット「九試単座戦闘機」、
かれこれ1月下旬の週末に一気に完成に持ち込みました。
RIMG2713.JPG
RIMG2708.JPG
・・・でまぁなんで更新がこんな時期かっつーと、
天気の良い日に屋外で撮影してやろうという目論見が、
週末の天気とま〜ったく噛み合わなかった訳ですよ。
連続して雪降ったし(笑)。

完成目標は昨年いっぱいだったのですが、
年末年始休みは製作時間をあまり確保できなかったので、
なんだかんだダラダラと1ヶ月を費やしてしまいました。
ま、それでもオイラ的には多分最速なんですが(苦笑)。

それにしてもこの九試単戦、ホントにいいキットですが、
作りながら‘マガジンキット’として優秀と感じました。
スケールモノの経験が皆無なオイラとしましては、
「何を」「どこから」という取っ掛りが無かったので、
雑誌媒体による写真付き、理由込みでの作り方説明のおかげで、
模型製作の基本のキをあらためて押える事ができました。
これからの模型製作へのフィードバックも多くなりそうです。

とか言いつつもモデグラに完全に倣った訳ではなく(笑)、
外部の塗装についてはある程度好きなようにやってます。
『風立ちぬ』に出てきた二郎の設計した「九試単戦」、
あれがイメージソースという点をブレないようにしてます。
デカールを含めた赤色は少しトーンが落ち着き過ぎのキライがあり、
また印象として日の丸がかなり小さい気がしたので、
不要なシール台紙に貼ったマスキングテープをカッターコンパスで切り抜き、
塗り分けでデカールより一回り大きい日の丸となるようにしました。
RIMG2714.JPG
あとスジ彫りもBMCタガネ0.075mmでひととおり彫り直してます。
・・・まぁでもこれくらいですね、特徴としては(笑)。

あ、ドジっこ的要素としては車輪を塗装中に紛失して、
必死こいて探すも我が模型部屋初のM.I.A認定となってしまい(苦笑)、
かといって部品注文も割高なので、おゆまる+エポパテで複製しました。

以下、塗装レシピ。下地塗装(共通)はガイアの黒サフです。
・機体色(銀) :クレオス スーパーファインシルバー
・機体色(赤) :クレオス シャインレッド+モンザレッド(多分)
・プロペラ   :クレオス 銀(8)
・プロペラの根本:クレオス メッキシルバー(以前の)
・他      :モデグラ誌の指定色まんま

シルバーはこのためにGXホワイトシルバーを買って用意してたものの、
あまりの粒子の粗さから最終検討段階で却下。
銀(8)の予想以上のキメの細かさからモデグラと同じにする事も考えましたが、
ひねくれモノなんでちょうど在庫にあったスーパーファインシルバーにしました。

そいで屋外撮影してみましたよ。車の上ですが(笑)。
RIMG2701.JPG
RIMG2704.JPG
いいっすね、屋外撮影。
もっとちゃんと下準備すれば結構いい雰囲気の写真が撮れそうですな。
つーかちゃんと撮れそうな場所を見つけなければ(苦笑)。

という訳で「初のスケールモノ!」とか言いつつ、
心意気はキャラクターモノとして作ってます(笑)。
なのでちゃんとしたスケールモデラーさんから見ると、
考証とかちゃんとされてないこの完成品は微妙かもしれませんね。
でもまぁ自己満足はできてるので良しとしてくんさい。

| 1/18PAGES | >>

PR


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
エグチヒロカズさんの読書メーター エグチヒロカズの今読んでる本

categories

links

recomend

archives

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

search this site.